2005年09月22日

天王山

このホークス4連戦は一つも落とせない闘いだった。ましてや第4戦の先発はエース。
今年は10勝しているとはいえ、打線に助けられていた感があった。
それだけにこの大事な大一番 エースの意地を見せてくれると強く信じていた。

しかし結果は信じていたワシらが愚かだったのかと思わせられるような被弾の嵐。

とても悔しい、、。
悔しすぎます!!
せめてマウンドで悔しい気持ちをだしてくれ!!

背番号18を付けている以上は無様な投球は許されない。

マリーンズには打線の援護がなくてもきちんと自分の仕事をするピッチャーも育ってきた。
しかし背番号18はチームのエース
それだけ重い番号という事を認識し、奮起を切に願います。

あとホークス城島が骨折。
敵とはいえ、日本を代表する名捕手。
最後に離脱するのも不本意だろうし、
城島のいる最強ホークスから、優勝をもぎとりたかったです。
しかし、マリーンズにとってはチャンスです!
残りは一つも負けるわけにはいきません
ジョニー!! 男になれーっ
posted by やっさん at 23:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | マリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7222522

この記事へのトラックバック

4タテの夢破れ…マリン最終戦
Excerpt: H:○高橋秀-三瀬-馬原 M:●清水直-小宮山-高木 [HR](省略します…)
Weblog: いすみマリーンズ
Tracked: 2005-09-23 23:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。